センフォース 50mg

129
在庫状態 : 在庫有り
¥1,300
数量10錠

センフォース 50mgの商品詳細

(129)
商品名 センフォース
成分 シルデナフィル
効果 ED改善
副作用 血管の拡張に伴う血圧の低下、目の充血、 

顔のほてり、動悸、鼻詰まりなど

飲み方 性行為の1時間前に1錠を服用
製造元 センチュリアン

センフォースについて

コストパフォーマンスに優れたバイアグラジェネリック
  • バイアグラの1/8以下の価格で購入できます
  • バイアグラ同様の効果があります

センフォースの有効成分

センフォースの適応症

センフォースは、センチュリオンラボラトリーズ社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。

センフォースの特徴

センフォースはバイアグラと同効果

センフォースは、世界初のED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品です。有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルを含有しています。センフォースは、バイアグラ同様、ED改善の効果があります。

センフォースは、バイアグラの後発医薬品となり、開発費用を抑えることで、販売価格も安価となっています。先発薬バイアグラ50㎎が1錠あたり1,300円前後に対して、ジェネリック医薬品であるセンフォース50㎎は1錠あたり160円となります。センフォースは、先発薬に比べ、1/8以下の金額で購入可能となります。

EDは、簡単に改善できる症状ではないので、1錠あたりの単価を低価格にすることにより、経済的に大きな差がでてきます。センフォースは、バイアグラジェネリックの中でも特にコストパフォーマンスに優れた商品となりますので、是非ご活用ください。

センフォースはバイアグラ同様の効果があります。

センフォースは有効成分シルデナフィルを配合したバイアグラジェネリックです。ジェネリック医薬品とはいえ先発薬バイアグラに比べ効果が劣る訳ではありません。ジェネリック医薬品は、先発薬と同じように臨床試験を通過し認可を受けたうえで販売されていますので、先発薬同様の効果が見込めます。

センフォースもバイアグラと同じシルデナフィル50㎎と100㎎の2種類が販売されており、バイアグラ同様、力強い勃起促進効果があります。

センフォースの効果

効果・効能
ED改善
性行為時に十分な勃起力が欲しい男性に有効です。

センフォースに含まれている有効成分シルデナフィルが、EDの主な原因である酵素(PDE5)の働きを抑制し、性的な刺激を受けた陰茎海綿体への血流を促進させることで、中折れを含めたED症状全般を改善する効果があります。

センフォースを服用後、1時間前後にて効果が発現、持続時間は約5時間となります。
体格や身体の大きさ、体調等により効果・効能には個人差が生じます。

センフォースの服用方法

1回の用量
1錠もしくは 1/2錠(シルデナフィルとして50mg)
1日の服用回数
1回まで
服用間隔
24時間
服用のタイミング
性行為の1時間前

センフォースを1日1回、性行為の約1時間前を目安に、コップ1杯程度の水、またはぬるま湯にて服用してください。
1日の服用を1回までとし、服用間隔は24時間空けるようにしてください。
過剰投与をしても効果が増すわけではありませんので、用量を守って正しく服用してください。

センフォースの服用時の注意

センフォースの有効成分シルデナフィルは、腸から吸収されますので、食後の服用ですと十分な効果が発揮されない場合がありますので、空腹時での服用がおすすめです。
食前に服用し、成分が吸収された後に、食事をするのは問題ありません。

またED治療薬の成分には、血管拡張作用がありますので、の服用後の飲酒は酔いが早くなりますので、過度な飲酒はご注意ください。

センフォースの有効成分について

有効成分シルデナフィルの効能により勃起の原因である酵素を阻害する作用があります。

センフォースの有効成分シルデナフィルは、PDE5阻害薬に分類されています。

PDE5を阻害する働きがあり、それによってcGMPの分解を抑制します。その結果、性的刺激を与えられることによって血流が促され、正常に勃起できるようになります。

センフォースの副作用

主な副作用
頭痛、ほてり、潮紅、消化不良、鼻づまり、動悸、下痢など

センフォースの成分は、血管拡張作用があるため、一時的に頭痛・ほてりなどの症状が出ますが、一時的なものが多く、2~3時間すれば治まります。
過度な摂取をしなければ深刻な症状にまなりません。

稀な副作用
センフォースを含め、ED治療薬は服用することで、稀に勃起持続症が報告されています。
4時間以上の勃起が続く場合は、かかりつけの医師にご相談してください。

センフォースの注意事項

慎重投与
  • 陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人
  • 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
  • PDE5 阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している人
  • 出血性疾患または消化性潰瘍のある人
  • 高齢(65 歳以上)の人
  • 腎臓に重い障害のある人
  • 肝臓に障害のある人
  • α遮断剤を使用している人
  • 多系統萎縮症の人
服用してはいけない人
  • 過去にセンフォースに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人
  • 心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人
  • 肝臓に重い障害がある人
  • 低血圧の人または治療を受けていない高血圧の人
  • 最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人
  • 網膜色素変性症の人
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)を使用している人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用している人
併用禁忌薬
  • 硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
  • sGC刺激剤 リオシグアト(アデムパス)