フェミロン

¥1650¥4500

商品名 フェミロン
有効成分 デソゲストレル、エチニルエストラジオール
効果 避妊
配達日数目安 7~14日
製造元 MSD
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

フェミロン商品詳細

フェミロンの特徴


フェミロン錠は、経口避妊薬マルシロンのジェネリック医薬品です。

2 つの有効成分、デソゲストレルとエチニル エストラジオールは、子宮内膜の特性の変化を促進し、受精卵の着床を阻害します。

さらに、子宮頸管粘液の性質と組成の変化も引き起こし、子宮腔への精子の通過を阻害して妊娠を防ぎます。

安全性、忍容性、汎用性が高く、避妊効果も高い人気商品です。

マルシロンと同様の効果を持ちながら、コストを抑えて避妊ができます。

フェミロンの効果


フェミロンは超低用量ピルですが、ほぼ確実な避妊効果以外にも様々な効果が期待できます。

避妊目的での摂取はもちろんですが、卵巣嚢腫の治療やニキビの治療・予防のために摂取することもおすすめです。

フェミロン投与サイクル


毎日決められた時間に特定の有効成分を21日間連続して服用することで、休薬日を含めた28日間を1サイクルとして避妊効果を発揮します。

フェミロンの適応症状


フェミロンは女性特有の悩みを解消します。

  • 妊娠を希望しない方
  • 他の薬で副作用を強く感じる方
  • 女性を中心に避妊したい方
  • 生理痛、生理不順などが気になる方。
  • 月経前症候群(PMS)を改善したい方

フェミロンの有効成分


フェミロン錠の有効成分として、女性ホルモンのデソゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれています。

服用することで、子宮内膜の成長を抑え、月経痛を和らげ、脳が排卵後だと勘違いして排卵を防ぎます。

フェミロンの含有量・内容量


1箱で1サイクルです。休薬日が必要な21錠タイプのお薬です。

各 フェミロン タブレットには、0.15 mg のデソゲストレル / 0.02 mg のエチニル エストラジオールが含まれています。

製薬会社


  • MSD

フェミロンの用法用量

フェミロンの使用方法


1 日 1 錠を 21 日間服用してください。

初めて服用する場合は、生理初日から服用を開始し、できるだけ毎日同じ時刻に服用するように心がけてください。 21日間服用した後、7日間のウォッシュアウト期間があります。

フェミロンの推奨用量


継続投与21日+休薬7日の合計28日が「1サイクル」です。フェミロン錠は、休薬期間中の飲み忘れ防止のため、プラセボ(成分を含まないプラセボ)を設けておりません。

7日間のウォッシュアウト期間中は服薬習慣を忘れないように注意してください。

妊娠を望まない時期に繰り返し服用することで避妊効果が持続します。

フェミロンの使用時の注意


用法・用量の厳守 この薬は、定められた用法・用量を厳守することが非常に重要です。

飲み忘れのないよう、毎日ほぼ決まった時間に服用してください。服用を逃すと、妊娠する可能性が高くなります。

月経は通常、休薬期間中に始まります。生理が終わっても続いていても、29日目から新しいピルシートを服用してください。

飲み忘れた場合の対処 24時間以内に飲み忘れた場合は、気がついたときに1回分を服用し、通常の時間に1回分を服用してください。つまり、1日2錠飲むことになります。

ただし、飲み忘れてから24時間以上経過すると避妊効果が低下しますので、その周期で服用を中止し、次の月経を待って、新しいシートから服用してください。

フェミロンの副作用

フェミロンの主な副作用


超低用量ピルの性質上、吐き気、嘔吐、不正出血、倦怠感、頭痛、下痢、腹痛、月経過多、発疹、腫れ、乳房不快感、視覚障害などの副作用がほとんどありません。症状には個人差があります。

飲み始めてから約1~2ヶ月頃に起こりやすい性器出血です。

服用を続けると症状は治まりますが、長期間出血が続く場合は服用を中止し、医師に相談してください。

まれな副作用


激しい下痢や嘔吐が続くと薬が吸収されにくくなり、妊娠しやすくなりますので、他の避妊法を併用してください。多くの避妊薬と同様に、血栓症のリスクがかなりあります。

脚の突然の痛みやむくみ、激しい頭痛、舌のもつれ、突然の息切れ、または突然の視覚障害は、血栓症の徴候である可能性があります。

早期発見・早期治療のため、このような症状があらわれた場合は、無理をせず服用を中止し、速やかに医師の診察を受けてください。

フェミロンの使用上の注意

フェミロンの使用に注意する人


次の人は服用に注意すること。

  • 35歳以上の方
  • 喫煙者
  • 肥満の方
  • 糖尿病、耐糖能異常のある方
  • 心血管疾患をお持ちの方
  • 片頭痛のある方
  • 本人または血縁者 血液中の脂肪(コレステロールやトリグリセリド)が高い方、遺伝性の血液凝固障害が心配な方、4週間以内に手術を受ける予定の方、手術後2週間以内の方、産後4週間以内の方、長期安静の方、過去に重度のうつ病歴のある方、過去に乳がんと診断された方、肝障害のある方・過去に血栓症を患ったことがある方・腎障害のある方・てんかんをお持ちの方・結核をお持ちの方・高血圧の方・クローン病・潰瘍性腸疾患(慢性炎症性腸疾患)をお持ちの方・全身性エリテマトーデス、溶血性尿毒症症候群の方、鎌状赤血球貧血の方、表面血栓性静脈炎、静脈瘤の方、クロアマ(局所色素沈着)の方顔にある皮膚のイオン) は、直射日光にさらす必要があります。しないように注意してください。服用前に医師にご相談ください。

フェミロン併用時の注意


合わせて使用​​するものもあります。

  • プリミドン、フェニトイン、フェノバルビタール、カルバマテピン、オキシカルバゼピン、トピラメート、フェルバメート、モダフィニルなどを含む抗てんかん薬ボセンタン、セントジョーンズワート(セントジョンズワート)、肝炎ウイルス感染症の治療薬(ボセプレビル、テラプレビル)またはその他の感染症を含む食品疾病(グリセオフルビン)を服用中、または経口避妊薬を服用中の方は、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

フェミロンを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • 過去にフェミロン錠に含まれる成分で過敏反応を起こしたことがある方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、またはこれらの疾患にかかったことのある方
    血液凝固に影響を与える疾患をお持ちの方
  • 抗リン脂質抗体症候群の人
  • 過去に心臓発作や脳卒中を起こしたことがある人
  • 狭心症、一過性脳虚血発作を起こしたことのある方 血管損傷を伴う重度の糖尿病の方、脂質代謝異常のあ
  • る方、軽度でない高血圧症の方、
    高ホモシステイン血症、片頭痛、重篤な肝障害のある方 肝臓に腫瘍がある方、血液中の脂肪分が多い膵炎の方、
    妊娠中または妊娠している可能性のある方、診断が確定していない異常性器出血のある方
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳がん、子宮内膜がんなど)または子宮頸がんを患っている、またはその疑いがある人
  • オンビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤(ビキルクス)配合錠を使用されている方)に該当する方
    上記の方は、本剤を使用することにより強い副作用があらわれることがあります。

フェミロンの禁忌薬


この薬と併用してはいけない薬があります。

  • オンビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤(ビキラックス配合錠) 他のお薬を服用中の方や新しいお薬を服用中の方は、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

フェミロンの保管方法と取り扱い上の注意

フェミロンの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温(1~30℃)で保管してください。
  • 冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 小児の手の届かない場所に保管。誤って摂取する可能性を避けてください。
  • 薬が残っている場合は、保管せずに廃棄してください。 1包1サイクル、毎日一定期間服用することで効果を実感できるお薬です。余分な薬を服用しないでください。

フェミロンの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える場合があります。
  • 服用を中止したシートに残った薬は服用しないでください。 1包1サイクル、毎日一定期間服用することで
  • 効果を実感できるお薬です。残った薬は捨てて、新しい薬を飲み始めてください。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります
内容量

1箱, 3箱

レビュー

レビューはまだありません。

“フェミロン” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ