ノベロン (低用量ピル)

¥1050¥2850

商品名 ノベロン(低用量ピル)
有効成分 デソゲストレル、エチニルエストラジオール
効果 避妊、生理痛、月経困難症、PMS、ニキビの改善
配達日数目安 7~14日
製造元 MSD
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

ノベロン(低用量ピル)の製品詳細

ノベロン(低用量ピル)の特徴


第 3 世代の単相性の低用量ピル。毎日決まった時間に1錠服用することで、排卵を抑え、精子の侵入を防ぎ、受精卵の着床を抑制し、妊娠を成立させにくくする効果があります。

単相性ピルとは、1 枚で 21 日間ホルモン量が変化しないピルです。飲みやすく、誤飲のリスクが少ないのが大きな特徴です。

妊娠を望まない場合は、正しい用法・用量を守り、毎日継続して服用することで高い避妊効果を得ることができます。単相性の錠剤なので、生理をずらしたい時にも使えます。

元のマーベロンと同じ成分が含まれていますが、ジェネリック医薬品であり、マーベロンよりも手頃な価格です.

米国で承認されている避妊薬と比較して、ノベロンは血栓症などの副作用が起こりにくく、安全性に優れています。長期間継続して服用する必要があると高額になりがちですが、マベロンよりも経済的な負担が少ないのも大きな特徴です。

ノベロン(低用量ピル)の効果


ノベロンは、デソゲストレルとエチニルエストラジオールをベースとした低用量の錠剤です。

デソゲストレルは、男性ホルモンの働きを抑えるプロゲステロンであるため、排卵を抑え、受精卵の着床を防ぎ、精子の侵入を抑制し、ニキビや多毛症にも効果があります。

生理前にニキビができやすい方にもおすすめです。低用量ピルには毛羽立ちや不正出血などの副作用がありますが、ノベロンに含まれるデソゲストレルは子宮内膜を維持する働きも優れており、不正出血を起こしにくく副作用の少ない成分です。

エチニルエストラジオールは合成エストロゲン剤(合成卵胞ホルモン剤)で、アンドロゲン(男性ホルモン)を抑制する働きがあります。

ノベロン(低用量ピル)の適応症状


  • 避妊
  • 月経困難症
  • PMS
  • にきび

ノベロン(低用量ピル)の有効成分


ノベロンの有効成分は、デソゲストレルとエチニルエストラジオールです。

デソゲストレルは、男性ホルモンの働きを抑えるプロゲステロンであるため、排卵を抑え、受精卵の着床を防ぎ、精子の侵入を抑制し、ニキビや多毛症にも効果があります。

また、デソゲストレルは子宮内膜を維持する機能にも優れており、不正出血を起こしにくい成分です。エチニルエストラジオールは合成エストロゲン剤(合成卵胞ホルモン剤)で、アンドロゲン(男性ホルモン)を抑制する働きがあります。

ノベロン(低用量ピル)の含有量・内容量


  • 1箱21錠入りです。

製薬会社


  • MSD

ノベロン(低用量ピル)の用法用量

ノベロン(低用量ピル)の使用方法


毎日決まった時間に1錠服用してください。 1枚21錠服用後、休薬日は7日間となります。

休薬日は月経期で、月経のような出血があります。

休薬期間が終了すると、1 サイクルが終了し、新しいシートを引き続き服用する必要があります。

ノベロン(低用量ピル)の推奨用量


1枚で21日分ですので、1枚飲み終わった翌日から7日間は休薬日のため、服用を中止してください。 21 日間の投与期間と 7 日間の休薬期間を含む 1 サイクルがあります。

休薬期間中に月経出血があります。ピリオドの終わりに、次のシートを同じように取ります。

ノベロン(低用量ピル)の使用時の注意


HIVや性感染症を予防するものではありません。これらの感染症の予防にはコンドームが有効です。

用法・用量を守り、毎日決まった時間に服用してください。

飲み忘れた場合、翌日までに気づいた場合は、すぐに飲み忘れた分を服用し、通常の量と同じ量を服用してください。

服用の最初の 1 週間は、他の避妊薬と併用してください。

服用を2日以上忘れた場合は、薬の服用を中止し、次の月経が再開するまで待ちます.

飲み忘れると避妊効果が弱まり、妊娠する可能性があります。

服用していない間は他の避妊方法を試してください。

ノベロン(低用量ピル)の副作用

ノベロン(低用量ピル)の主な副作用


吐き気、胸の痛み、頭痛、不正出血などの副作用が一般的です。

まれに突然の視力障害、下肢のむくみ、痛み、激しい頭痛などにより血栓症を起こすことがありますので、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。

ノベロン(低用量ピル)のまれな副作用


非常にまれに、血栓症が発生し、血栓症の病歴を持つ人によって悪化することがあります.下肢(特にふくらはぎ)に痛みや腫れ、むくみ、息切れ、息切れ、突然の視力低下などの症状があらわれた場合は、直ちに治療を中止し、救急医療機関を受診してください。

ノベロン(低用量ピル)の使用上の注意

ノベロン(低用量ピル)の使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • 40歳以上の方
  • 子宮筋腫の方
  • 乳がんの既往歴がある方、または家族に乳がんの既往歴がある方
  • 喫煙者
  • 肥満の人
  • 家族に血栓症の人
  • 前駆体 片頭痛を伴わない片頭痛のある方、心臓弁膜症のある方、糖尿病で耐糖能が低下している方、ポルフィリン症のある方、心臓病の既往がある方、てんかんのある方、テタニーのある方、腎臓機能障害のある方、肝機能障害のある方、妊婦、授乳中の方

ノベロン(低用量ピル)併用時の注意


併用には注意が必要なお薬です。

  • リファンピン、フェノバルビタール、ビダンソール、アレビアチン、テグレトール、セントジョーンズワートと併用した場合
    これらの医薬品や健康食品を摂取すると、避妊効果が弱まり、不正出血が起こることがあります。ご使用の際は、他の避妊方法と組み合わせてご使用ください。
  • イトラコナゾール
  • ジフルカン
  • ブイフェンド
  • アセトアミノフェン
    これらの薬は作用を増強する可能性があります。
  • 血糖降下薬
  • スプリキュア
  • ラミクタール
  • アセトアミノフェン
  • MSコンチン(モルヒネ)
    これらの薬とノベロンを併用すると、薬の効果が弱くなることがあります。

ノベロン(低用量ピル)を服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。
35歳以上で1日15本以上吸う方。乳がん、子宮内膜がんなどのエストロゲン依存性の悪性腫瘍をお持ちの方。子宮頸がんまたは診断未確定の性器出血の疑いのある方 血栓性静脈炎片頭痛 心弁疾患、肺高血圧症または心房細動のある方、亜急性細菌性心内膜炎の既往のある方、糖尿病の方、血栓症の素因のある方、抗リン脂質抗体症候群の方脂質異常症・肝臓・重度の高血圧症の方 耳硬化症の方 妊娠中に黄変した方
持続性そう痒症 妊娠ヘルペス

ノベロン(低用量ピル)との併用避妊薬


  • オンビタスビル水和物
  • パリダプレビル水和物
  • リトナビル配合剤

ノベロン(低用量ピル)の保管方法と取り扱い上の注意

ノベロン(低用量ピル)の保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温で保管してください。
  • 冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 小児の手の届かない場所に保管。 誤って摂取する可能性を避けてください。

ノベロン(低用量ピル)の取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。 効果がなかったり、体に影響を与える場合があります。
  • 他の医薬品やサプリメントとの保管はお控えください。 成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります
内容量

1箱, 3箱

レビュー

レビューはまだありません。

“ノベロン (低用量ピル)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ