アスプリト 15mg

¥3750¥10300

商品名 アスプリト
有効成分 アリピプラゾール
効果 うつ病、うつ状態、統合失調症などの改善
配達日数目安 7~14日
製造元 インタス・ファーマ
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

アスプリト 15mgの商品詳細

アスプリト 15mgの特徴


アスプリト 15mg は、ドーパミンの不均衡を調節する一種の薬物です。

振り子のようにドーパミンの働きを調節し、過剰に増加すると抑制して元に戻します。

逆に不足したり減少したりすると、ドーパミンの働きを高めて活性化し、中間状態に保つ働きをします。

アスプリト 15mgの効果


ドーパミンには、脳内で情報を伝達する機能があります。

ドーパミン神経の過剰な活動を抑えて陽性反応を改善し、逆に低下したドーパミン神経を活性化して陰性反応を改善します。

アスプリト 15mgの適応症状


アスプリト 15mg は、次の症状を改善するドーパミン部分作用薬 (DSS) です。

統合失調症の次の症状でお悩みの方 陽性反応(あるべきでないものがある状態):幻覚・視覚・幻覚・思考障害
ネガティブリアクション(本来あるべきものがない状態):感情の平板化 幻覚(感情の鈍化)、思考力の低下、やる気の低下、自閉症(引きこもり)

認知機能障害:記憶力の低下、注意力の低下、集中力の低下、判断力の低下、双極性障害における躁障害 症状が気になる方、うつ状態の方、うつ状態の方(既存の治療で十分な効果が得られない場合に限ります)、小児自閉症スペクトラム障害によるイライラが気になる方

アスプリト 15mgの有効成分


アスプリト 15mgの有効成分はアリピプラゾールです。

ドーパミン神経系を安定させ、ドーパミンの不安定性によって引き起こされる統合失調症の陽性および陰性症状を改善します。

アスプリト 15mgの含有量・内容量


1箱100錠入りです。

アスプリト 15mg中、アリピプラゾール15mgを含有しています。

製薬会社


  • インタスファーマ

アスプリト 15mgの用法用量

アスプリト 15mgの使用方法


1~24mgを1日1~2回服用してください。

なお、年齢・症状により適宜増減されます。

アスプリト 15mgの推奨用量


統合失調症の場合 通常、成人はアリピプラゾールとして 1 日 6~12 mg から開始し、1 日 6~24 mg を維持します。
1~2回に分けて服用しますが、1日30mgを超えないようにしてください。

双極性障害における躁症状の改善通常、成人はアリピプラゾールとして12〜24mgを1日1回服用します。

開始用量は 24 mg ですが、1 日用量は 30 mg を超えてはなりません。

うつ病・うつ状態の場合(既存の治療で十分な効果が得られない場合のみ)

通常、成人はアリピプラゾールとして3mgを1日1回服用します。

1 日量は 3 mg に増量する必要がありますが、1 日量は 15 mg を超えてはなりません。

小児自閉症スペクトラム障害に伴う過敏性 アリピプラゾールの通常の開始用量は 1 日 1 mg で、1 日 1 ~ 15 mg に維持されます。

1 日最大増量量は 3 mg ですが、1 日量は 15 mg を超えてはなりません。

アスプリト 15mgの使用時の注意


小児期の自閉症スペクトラム障害に伴う過敏症の場合、原則として6歳から18歳までの患者に使用します。

眠気、注意力、集中力、反射運動能力などが低下することがあります。

自動車の運転など危険を伴う機械操作は行わないようご注意ください。

アスプリト 15mgの副作用

アスプリト 15mgの主な副作用


主な副作用には、不眠症、過敏症、アカシジア、振戦(指の振戦を含む)、不安、体重減少、筋肉のこわばり、食欲不振などがあります。

まれな副作用には、発疹、光線過敏反応、湿疹、紅斑、そう痒症、酒さなどがあります。

上記の症状があらわれた場合は、使用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

アスプリト 15mgのまれな副作用


悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、アナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、けいれん、無顆粒球症、白血球減少症、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害が起こることがあります。

この場合は、直ちに主治医に相談するか、内科・専門外来で診断を受けてください。

アスプリト 15mgの使用上の注意

アスプリト 15mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • 肝障害のある患者
  • 心血管疾患、低血圧またはその疑いのある患者
  • てんかんなどのけいれん性疾患の患者またはその既往歴のある患者
  • 糖尿病またはその既往歴のある患者または糖尿病の家族歴のある患者、高血糖、肥満およびその他の糖尿病の危険因子
  • 自殺念慮または自殺未遂の既往歴のある患者、自殺念慮のある患者
  • 器質的脳障害患者 患者
  • 衝動性の高い併存疾患のある患者
  • 高齢者(65歳以上)
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人
  • 授乳中の方飲み込むと、薬の効果が強くなったり弱くなったりすることがあります。

アスプリト 15mgの使用上の注意


併用注意事項は、アスプリト 15mgとの併用に注意が必要な医薬品です。

  • 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、麻酔薬など) 中枢神経抑制作用を増強することがあります。
  • 降圧剤は、互いの降圧効果を高める可能性があります。
  • 抗コリン作用のある薬 抗コリン作用を増強する可能性があります。
  • ドパミンアゴニスト(レボドパ製剤) ドパミンアゴニストが減弱している可能性があります。
  • アルコール(飲酒)は、中枢神経抑制作用を相互に増強する可能性があります。
  • CYP2D6に悪影響を及ぼす薬剤(キニジン、パロキセチンなど) アスプリト 15mgの作用を増強することがあります。
  • CYP3A4に悪影響を及ぼす薬剤(イトラコナゾール、クラリスロマイシンなど) アスプリト 15mgの作用を増強することがあります。
  • 肝代謝酵素(特にCYP3A4)を誘導する薬剤(カルバマゼピン、リファンピシンなど)
    アスプリト 15mgの作用が弱まる場合があります。過去に薬の使用により、かゆみ、かぶれ等のアレルギー症状を起こしたことがある場合は、この薬を服用する前に医師に相談してください。

アスプリト 15mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • アスプリト 15mg成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 昏睡状態の患者
  • バルビツール酸誘導体や麻酔薬などの中枢神経抑制剤の影響が強い患者
  • アドレナリン投与中の患者上記に該当する人は、使用すると副作用が強く出ることがあります。

アスプリト 15mgの禁忌薬


この薬と併用してはいけない薬があります。

  • バルビツール酸誘導体、麻酔薬、アドレナリン製剤(ボスミン)などの中枢神経抑制薬 他の薬を使用中または新薬を使用中の方は、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

アスプリト 15mgの保管方法と取り扱い上の注意

アスプリト 15mgの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温で保管してください。
    冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 小児の手の届かない場所に保管。 誤って摂取する可能性を避けてください。

アスプリト 15mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。 効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の医薬品やサプリメントとの保管はお控えください。 成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります。

Brand

インタス・ファーマ

内容量

100錠, 200錠, 300錠

レビュー

レビューはまだありません。

“アスプリト 15mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お買い物カゴ