ダイトール 20mg

177
在庫状態 : 在庫有り
¥6,280
数量100 tab

ダイトール 20mgの商品詳細

(177)
商品名 ルプラック・ジェネリック(ダイトール)
有効成分 トラセミド
効果 むくみ改善、利尿作用、高血圧改善など
飲み方 1日1回5mgを服用
製造元 シプラ

ダイトール 20mg について


全身の腫れを改善し、心臓への負担を軽減する強力な利尿作用を有するジェネリック医薬品を提供する。

  • 薬が苦手な方にも持ち運びやすい丸い小さな錠剤タイプ
  • また、体内の老廃物を排出する強力な利尿作用を持つ除害効果もあります。
  • ルプラクの後発医薬品ですので、低価格で購入できます。

ダイトールはルプラクのジェネリック医薬品で、体内に溜まった余分な水分を体外に排出する機能を有する有効成分を含有し、強い利尿作用を有する。
また、体内を循環する血液量を減らす効果があるため、血圧を下げる効果も期待できる。水に加え、体内に蓄積された老廃物や毒素を尿として排泄する効果があり、体内を浄化する無害化効果も有する非常に優れた治療薬です。

ダイトール 20mgの機能


ダイトールは利尿性降圧薬である原薬ルプラクの後発医薬品であり、インドのムンバイに本社を置くCipla社が製造・販売する治療薬である。有効成分のトラセミドは、体内への水分の吸収を抑制する効果があり、尿量を増加させる効果がある。

フロセミドという同様の利尿作用を持つ有効成分があるが、水だけでなく体内のカリウムも尿と一緒に排泄されるため、低カリウム血症を引き起こす危険性がある。あった。

一方、ダイトールに含まれるトラセミドはカリウム保持の特性を有するため、低カリウム血症を引き起こしにくく、安全性にも優れている。利尿作用が強く、体内の老廃物や毒素を排泄すると同時に、余分な水分を排泄する機能を持つ。

体内に老廃物が蓄積すると細胞が劣化し、肌荒れなどの美容に悪影響を及ぼします。また、体内に余分な水が溜まると血液量が増え、高血圧を引き起こし、さまざまな病気を引き起こします。
また、利尿作用が強いため、これらの症状の改善や予防も期待できます。

強力な利尿作用を有し、かつ安全性の高い優れた利尿剤を提供する。

ダイトールに含まれる有効成分のトレセミドは、利尿作用を有する有効成分の中で特に強い作用を有することで有名である。
トラセミドの他に、代表的な有効成分としてフロセミドという利尿作用のある成分があるが、フロセミドは水だけでなく体に必要なカリウムも排せつするため、副作用として低カリウム血症が発症する。リスクがあります。

トルセミドはフロセミドの10倍以上の非常に強い利尿作用を持つが、フロセミドとは異なりカリウムを保持する性質があり、カリウムの排出が困難である。したがって、低カリウム血症の発症の可能性はフロセミドよりも低く、非常に安全である。

強い利尿作用があるとはいえ、体に不要な水分だけを尿として排泄する機能なので、適量を取れば脱水などのリスクがあります。セックスはしない。

また、体内から余分な水分を排出して腫れを解消するだけでなく、血液量を減らして高血圧を改善することも期待できます。また、血管への負担を軽減することで、心血管疾患の発症リスクを低減させる効果も期待できます。

腫れの改善だけでなく、美容効果やダイエット効果も期待できる。

ダイトールは、利尿作用による腫れの改善、浮腫の治療、高血圧の改善を目的として製造された治療薬である。しかし、これらの治療効果に加えて、ダイトールの強力な利尿作用は、体内に蓄積された毒素や老廃物を尿として同時に排泄する無害化効果を期待できる。

体内に老廃物が残ると腸内環境が乱れ、便秘や肌荒れにつながります。さらに、細胞の劣化は脂肪細胞の肥大を引き起こし、脂肪増加やセルライトを引き起こします。

前述のように、ダイトールは体内に蓄積した毒素や老廃物を尿と共に排泄する機能を有しており、腸内環境の改善や便秘や肌荒れの症状の改善が期待できます。また、細胞の劣化や脂肪細胞の肥大を防ぐことによるダイエット効果も期待できます。

これにより、膨潤の症状を改善しつつ、美容効果とダイエット効果を同時に期待できる優れた特性を有する。

ダイトール 20mgの効果


効果/効果

有効成分のトラセミドの利尿作用により、全身の腫れを改善し、高血圧や浮腫を治療する効果があります。また、廃棄物を排出することによる無害化効果も期待できます。薬の有効期間中、尿意切迫頻度が増加するので、トイレに行くことができるときはいつでも服用することをお勧めします。
立ち仕事や座り仕事で脚が腫れたり、お酒を飲んで顔が腫れたりするのは、体内に溜まった余分な水分が体外に排出されにくいためと言われています。

ダイターは、体内に溜まった余分な水分を体外に排出する利尿作用により体全体の腫れを解消する症状改善効果がある。また、尿とともに体内に残る毒素や老廃物を除去する無害化効果があり、美観効果が期待できる。また、体内の血流を低下させる効果があるため、高血圧の治療にも効果があります。

ダイトールは、通常の利尿薬の10倍以上の強い利尿作用を有するが、カリウムの保持力を有するため、低カリウム血症などの副作用を引き起こしにくい優れた安全特性を有する。増やす。

ダイトール 20mgの使い方


単回投与

  • 1錠(トラセミドとして5mg)

取るべきタイミング

  • 朝または昼

1日あたりの投与回数

  • 1回

投与間隔

  • 24時間以上

服用後1時間程度で効果を示す即効性の誘引性利尿薬。

1日に1錠のダイトールを朝または昼間に水またはぬるま湯で服用してください。丸くて小さい錠剤タイプなので、薬の服用が苦手な方でも服用しやすいです。服用後1時間ほどで効果が現れ始め、4~6時間効果が持続する。有効時間中に、尿意切迫の頻度が増加するので、すぐにトイレにアクセスできるようにすることをお勧めします。また、尿の衝動は睡眠を妨げるので、就寝前に服用しないでください。

ダイトールを初めて服用する場合は、5mgのトラセミドから始めることをお勧めします。5 mgを服用しても効果を感じなければ、投与量を増やすことができます。あなたの体を緊張を避けるために、一度にすべての用量を増加させないで、徐々に5 mgから10 mgに増やします。用量を増やした後に何の効果も感じない場合は、用量を停止し、医師に相談することを検討してください。

病院で処方されている薬がある場合は、服用前に医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

ダイトール 20mgの有効成分について


利尿薬としてトップクラスの利尿作用を持つトラセミドを配合

ダイトールに含まれるトルセミドは、利尿作用を有する有効成分の中でも特に強い作用を有する。
トルセミドは、腎臓と膀胱をつなぐヘレンループと呼ばれる臓器で体内への水分の吸収を阻害することによって尿量を増加させる機能を持ち、体内の水分量を調節する。

他の利尿作用を有する活性成分は、カリウムも一緒に排泄されるという特性から低カリウム血症と呼ばれる副作用を引き起こす危険性があるが、トラセミドはカリウムの保持が身体から排出されにくい特性である。持っているので安全性に優れています。

体内の水分量を減らすことで、体内を循環する血液量が減り、血圧低下効果も期待できる。また、尿とともに体内に蓄積した毒素や老廃物を排出する無害化効果もあります。

体内に毒素や老廃物が蓄積されると、細胞は過剰な水分を含む傾向があり、細胞の活動が遅くなり、細胞が劣化します。劣化した細胞は脂肪細胞に変化し、体内に蓄積して脂肪やセルライトを引き起こします。トラセミドの無害化効果は、廃棄物の排出による脂肪及びセルライトの生成抑制効果が期待できる。

ダイトール 20mgの副作用


主な副作用

  • 頭痛、めまい、疲労、血液障害など。

Dytorを服用すると、上記の副作用が発生することが報告されています。これらのすべては軽度の症状であり、ほとんどの症状は薬がもはや有効でないときに治まります。副作用ではありませんが、利尿作用は尿意切迫頻度を増加させます。この薬を飲む時はトイレに行きやすい環境を整えることをお勧めします。

まれな副作用

  • 肝機能障害、血小板減少症など。

非常にまれであるが、肝機能障害および血小板減少症は副作用として報告されている。この薬を飲んだ後に黄疸などの症状が出た場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談してください。

ダイトール 20mgの注意事項


慎重な投与

  • 高齢者
  • 乳児
  • 肝硬変患者
  • 肝機能障害患者
  • 糖尿病患者
  • 痛風患者
  • 重症冠動脈硬化症の人
  • 脳動脈硬化症等の患者

服用すべきでない人

  • 無尿(症)
  • 肝性昏睡の人には
  • 酢酸デスモプレシン水和物を受け取っている人
  • トルセミド等により過敏症の方。

配送/梱包


原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります。