メドロール 8mg

¥1450¥2500

商品名 メドロール
有効成分 メチルプレドニゾロン
効果 アレルギー症状の緩和、リウマチ疾患などの改善
配達日数目安 7~14日
製造元 ファイザー
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

メドロール 8mgの製品詳細

メドロール 8mgの特徴


アレルギー症状は、好酸球、肥満細胞、リンパ球などの炎症細胞によって引き起こされる炎症性疾患で、眼、鼻、のどの表面に生じるほか、血液や関節など全身に生じます。症状によって異なります。

有効成分のメチルプレドニゾロンは、炎症および免疫を抑制するため、眼科から小児科まで多くの治療に使用され、全身症状の改善および治療に有用である。

メドロール 8mgの効果


メドロール 8mgの有効成分は、経口ステロイドであるメチルプレドニゾロンである。

コルチゾールのように働き、抗炎症、抗アレルギー、免疫抑制作用で炎症を改善します。

メドロール 8mgの適応症状


メドロール 8mgは、経口ステロイドにより以下の症状を改善する。

アトピー性皮膚炎の症状を心配している人ハウスダストや動物などのアレルギー症状を心配している方以下の症状を心配している方アレルギー疾患気管支喘息、アレルギー、薬物その他の化学物質による中毒(薬疹、中毒性湿疹を含む)、血清病、蕁麻疹(重症例に限る)アレルギー性血管炎およびその類似疾患(急性ざ瘡様の苔癬様かさぶたを含む)内分泌疾患、血液疾患、神経疾患、消化管疾患、呼吸器疾患、結核疾患、コラーゲン疾患、重症感染症、悪性リンパ腫等

メドロール 8mgの有効成分


メドロール 8mgの有効成分はメチルプレドニゾロンである。

体内のコルチコステロイドホルモンと同様に働き、血糖代謝、脂質代謝、免疫など全身の調節を担っています。

ストレスやアレルギー疾患で乱れた状態を改善します。

メドロール 8mgの含有量・内容量


1箱14錠入り。

メドロール8mgの錠剤あたりメチルプレドニゾロン8mg / 16mgの2種類があります。

製薬会社

  • ファイザー

メドロール 8mgの用法用量

メドロール 8mgの使用方法


メチルプレドニゾロン4~48mgを1日1~4回に分けて服用する。

投与量は、あなたの年齢や症状に応じて調整することができます。

メドロール 8mgの推奨用量


耳鼻咽喉科症状(血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症など) 内部症状(急性副腎皮質機能不全,慢性皮質溶解性機能障害,コラーゲン病,アレルギー疾患,溶血性貧血,白血病,脳脊髄炎,限局性腸炎,潰瘍性大腸炎,びまん性間質性肺炎,結核病,腎臓病およびネフローゼ症候群,鬱血性心不全,重症感染症,代謝性疾患など) 4~48mg毎日1~4回分割投与で服用。

皮膚症状(湿疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など)は、外用薬の使用が不十分な場合にのみ服用すべきである。

メドロール 8mgの使用時の注意


コルチコステロイドを3週間以上服用している場合は、服用を中止すると離脱症状が生じることがあります。

2-4週間で10%用量を減らします。

病気の状態や副作用によって、症状は増減します。

メドロール 8mgの副作用

メドロール 8mgの主な副作用


主な副作用は、高血糖、月経障害、クッシング様症状、膵炎、下痢、吐き気/嘔吐、胃痛、胸やけなどがあります。

まれに、のどの症状(刺激感、乾燥)、不快な味、頭痛などの副作用がみられます。

上記の症状が現れた場合は、使用を中止してから医師または薬剤師に相談してください。

まれな副作用


免疫抑制による感染症、二次性副腎皮質機能不全、骨粗鬆症、心破裂、うっ血性心不全、カポジ肉腫などの症状が報告されている。

アナフィラキシー(呼吸困難、紅潮、血管性浮腫、蕁麻疹など)が起こることがある。

この場合、直ちに医師または皮膚科医/専門外来にご相談ください。

メドロール 8mgの使用上の注意

メドロール 8mgの使用に注意する人


以下の症状が出た場合は、服用に注意し、医師に相談してください。

  • 効果的な抗菌薬を使用しない感染症患者および全身性真菌症患者
  • 消化器潰瘍および憩室炎のある患者
  • 精神障害のある患者
  • 結核疾患患者
  • 単純ヘルペス性角膜炎
  • 後嚢白内障患者
  • 緑内障患者
  • 高血圧患者
  • 電解質異常のある患者
  • 血栓症患者
  • 最近の内臓の手術創患者
  • 急性心筋梗塞患者
  • β2刺激薬を服用している患者
  • 高齢者(65歳以上)
  • 妊娠中の人または妊娠する可能性のある人
  • 授乳中の人他の種類の授乳中の人
  • メドロール8mgの併用に注意
  • 併用予防措置は、メドロール8mgと組み合わせて服用する際に注意が必要な薬です。

メドロール 8mgの併用に注意


併用予防措置は、メドロール 8mgと組み合わせて服用する際に注意が必要な薬です。

  • シクロスポリンメドロール 8mg
  • シクロスポリンの血中濃度が上昇することがあります。
  • CYP3A4阻害薬、エリスロマイシン、イトラコナゾール、ミコナゾール、キヌプリスチン、ダルホプリスチン、エストロゲン(経口避妊薬を含む)、およびアプレピタントメドロール 8mgの作用が増強する場合がある。
  • 抗凝固薬(ナトリウムパラパリン、カリウムワルファリンなど) 抗凝固薬の作用は増強されたり低下したりすることがある。
  • 非脱分極性筋弛緩薬、臭化ベクロニウム、臭化パンクロニウムなどの非脱分極性筋弛緩薬の作用が増強または低下する場合がある。
  • 非ステロイド系解熱鎮痛および抗炎症薬(サザピリン、ジクロフェナクなど)
    消化管の副作用(消化性潰瘍、消化管出血など)を引き起こすリスクが高くなります。
  • カリウム排泄性利尿薬(トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド、フロセミドなど) 低カリウム血症が生じることがある。
  • ジゴキシンジゴキシン中毒が起こることがある。
  • サリチル酸誘導体(サザピリン、アスピリンなど) サリチル酸中毒(めまい、耳鳴、悪心/嘔吐、過換気、高熱、意識障害などの症状)を引き起こす可能性があります。
  • バルビツール酸誘導体(フェノバルビタールなど、フェニトイン、リファンピシン、カルバマゼピン)メドロール 8mgの作用が低下することがあります。
  • 経口糖尿病薬(アカルボースやトルブタミドなどのインスリン製剤)これらの薬の効果が低下することがあります。
  • 過去に薬を使用したことでかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある方は、服用前に医師に相談してください。

メドロール 8mgを服用すべきでない人


次の人はこの薬を使えません:

メドロール 8mgに含まれる成分に対する過敏反応を経験した人上記に該当する人は、使用すると強い副作用を起こす可能性があります。

メドロール 8mgの禁忌薬


この薬と併用してはならない薬がいくつかあります。

生ワクチンまたは弱毒生ワクチン(乾式BCGワクチンなど):ワクチン株の異常増殖または毒性の回復のリスクがある。

他の薬を使用している場合、または新しい薬を使用している場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

メドロール 8mgの保管方法と取り扱い上の注意

メドロール 8mgの保管方法


  • 直射日光・高温多湿を避け、常温(15 ~ 25 °C)で保存してください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。誤ってそれを取る可能性を避けてください。

取扱上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は飲まないでください。効果がないこともあれば、体に影響を及ぼすこともあります。
  • 他の薬剤での保管はご遠慮ください。素材の働きにより、特性や形状が変化することがあります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります。

Brand

ファイザー

内容量

14錠, 28錠

レビュー

レビューはまだありません。

“メドロール 8mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ