セルティマ 100mg

¥6300

商品名 セルティマ
有効成分 塩酸セルトラリン
効果 うつ病、パニック障害、不安障害などの改善
配達日数目安 7~14日
製造元 インタスファーマ
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

セルティマ 100mgの商品詳細

セルティマ 100mgの特徴


セルティマ 100mgは、日本ではジャゾロフトという商品名で販売されていますが、セロトニンを増やす作用があるため、他の抗うつ薬に比べて効果が1つに絞られているため、他の薬と併用しても効果はほとんどありません。

脳内物質であるセロトニンの分泌を促進する効果があります。

うつ症状やパニック障害など幅広い症状を改善する第3世代の抗うつ薬です。

  • 抑うつ症状に関与するセロトニンの脳レベルを選択的に維持する
  • うつ病だけでなく、パニック障害など幅広い症状に効果があります。
  • ジェネリック医薬品なので、経済的に使用できます。

セルティマ 100mgの効果


セロトニンの再取り込みを阻害し、脳内のセロトニン濃度を上昇させます。

私は前向きで、落ち込んでいると感じるようになります。

セルティマ 100mgの適応症状


セルティマ 100mg は、次の症状を改善するセロトニン再取り込み阻害剤です。

  • 精神科領域でうつ病・うつ状態でお悩みの方
  • パニック障害で悩んでいる人
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ人々

セルティマ 100mgの有効成分


セルティマ 100mgの有効成分はセルトラリン塩酸塩です。

セロトニンの再取り込みを阻害し、気分の落ち込みを改善し、モチベーションを高めます。

セルティマ 100mgの含有量・内容量


1箱100錠入りです。

セルティマ 100mgの1錠あたり、セルトラリン25mg・50mg・100mgの3種類があります。

製薬会社


  • インタスファーマ

セルティマ 100mgの用法用量

セルティマ 100mgの使用方法


1日1回25~100mgを水またはぬるま湯で服用してください。

なお、年齢・症状により適宜増減されます。

セルティマ 100mgの推奨用量


初回用量は 1 日 25 mg で、1 日 100 mg に増量されます。

用量を増やす場合、1 日最大用量は 100 mg を超えてはなりません。

セルティマ 100mgの使用時の注意


飲み忘れた場合 飲み忘れた場合は、気がついたときに1回分を服用してください。

次の服用が差し迫っている場合は、次の服用を開始できます。

一度に2回以上服用しないでください。

眠気、注意力、集中力、反射運動能力などが低下することがあります。

自動車の運転など危険を伴う機械操作は行わないようご注意ください。

セルティマ 100mgの副作用

セルティマ 100mgの主な副作用


主な副作用には、吐き気、傾眠、口渇、頭痛、下痢、めまいなどがあります。

まれな副作用には、発疹、蕁麻疹、かゆみ、顔面浮腫、眼窩周囲浮腫、および光線過敏反応が含まれます。

上記の症状があらわれた場合は、使用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

セルティマ 100mgのまれな副作用


セロトニン症候群、神経弛緩性悪性症候群、けいれん、昏睡、抗利尿ホルモン(SIADH)不適切分泌症候群などが報告されています。

この場合は、直ちに主治医に相談するか、内科・専門外来で診断を受けてください。

セルティマ 100mgの使用上の注意

セルティマ 100mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • 肝機能障害のある患者。
  • 躁うつ病患者
  • 自殺念慮または自殺未遂の既往歴のある患者、自殺念慮のある患者
  • 脳の器質的障害または統合失調症の素因のある患者
  • 衝動性の高い併存疾患のある患者
  • てんかんなどのけいれん性疾患の患者またはその既往歴のある患者
  • QT延長またはQT延長の既往歴のある患者で、QT延長の原因となることが知られている患者 本剤を投与中の患者、脈拍の緩慢または低カリウム血症が著しい患者、
    また、出血のリスクを高める薬を服用している、出血傾向または出血しやすい患者
  • 緑内障または緑内障の病歴のある患者
  • 高齢者(65歳以上)
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある
  • 授乳 他の薬を服用している場合 飲み込むことにより、薬の作用が強くなったり弱くなったりすることがあります。

セルティマ 100mg使用上の注意


併用注意事項は、セルティマ 100mgと併用する際に注意が必要な医薬品です。

  • 塩化メチルチオニニウム水和物(メチレンブルー) セロトニン症候群があらわれることがあります。
  • リネゾリドセロトニン症候群の症状(錯乱、協調障害、血圧上昇など)があらわれることがあります。
  • 5-HT1B・1D受容体作動薬(コハク酸スマトリプタン、ゾルミトリプタン、エレトリプタ) 脱力感、反射亢進、協調運動障害、錯乱、不安、刺激感、興奮などがあらわれることがあります。
  • トラマドン、メタドン、ペンタゾシン、L-トリプトファンを含有する製剤(アミノ酸製剤、経腸栄養剤) セントジョーンズワートを含有する食品(セントジョンズワート)
    セロトニン作用が増強される可能性があります。
  • 炭酸リチウムセロトニンによる副作用(振戦など)があらわれることがあります。
  • 三環系抗うつ薬(塩酸クロミプラミン、塩酸イミプラミン、塩酸アミトリプチリン)の血中濃度が上昇し、作用が増強することがあります。
  • ワルファリン ワルファリンのプロトロンビン反応時間曲線の下の領域がわずかに増加したという報告があります (8%)。
  • 出血傾向を強める薬(非定型抗精神病薬、フェノチアジン系抗精神病薬、三環系抗うつ薬、アスピリン、ワルファリンなどの非ステロイド性抗炎症薬など)や異常出血(鼻血、消化管出血、血尿など)が報告されています。
  • 血糖降下薬(トルブタミド) トルブタミドのクリアランスが低下した(16%)との報告があります。
  • シメチジン セルティマ 100mg の AUC および Cmax が増加し(50%、24%)、t1/2 が延長された(26%)ことが報告されています。
  • アルコール(飲酒)作用が増強される可能性があります。過去に薬の使用により、かゆみ、かぶれ等のアレルギー症状を起こしたことがある場合は、この薬を服用する前に医師に相談してください。

セルティマ 100mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • セルティマ100mgの成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • MAO阻害剤(塩酸セレギリン、メシル酸ラサギリン)を服用中または中止後2週間以内の患者
  • ピモジドを服用している患者 上記に該当する人は、使用すると副作用が強く出ることがあります。

セルティマ 100mgの禁忌薬


この薬と併用してはいけない薬があります。

  • モノアミンオキシダーゼ(MAO)阻害剤(塩酸セレギリン(FP)、メシル酸ラサギリン(アジレクト)、ピモジド(オルプ)
  • 他の薬を使用している場合や新しい薬を使用している場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。お問い合わせください。

セルティマ 100mgの保管方法と取り扱い上の注意

セルティマ 100mgの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温で保管してください。冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 小児の手の届かない場所に保管。誤って摂取する可能性を避けてください。

セルティマ 100mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の医薬品やサプリメントとの保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります。
内容量

100錠

レビュー

レビューはまだありません。

“セルティマ 100mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お買い物カゴ