ラミシール・ジェネリック (テルビシップ) 250mg

¥950¥8500

商品名 ラミシール・ジェネリック(テルビシップ)
有効成分 テルビナフィン
効果
水虫(白癬)、爪水虫(爪白癬)、いんきんたむし(股部白癬)、爪カンジダ症、深在性皮膚真菌症など
配達日数目安 7~14日
製造元 シプラ
商品コード: 該当なし カテゴリー:
Brand:シプラ

Available Options:

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの商品詳細

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの特徴


テルビシップ(テルビナフィン)は、水虫、脚部白癬、カンジダ症などの真菌による皮膚疾患の有効な治療薬です。真菌は単に「カビ」であり、一般的に水虫と呼ばれるものは「白癬」と呼ばれるカビの一種によって引き起こされます.

テルビシップ(テルビナフィン)の有効成分「テルビナフィン」が強力な殺菌作用で白癬を抑制。また、テルビナフィンは細胞内移行性が高く、細胞内で細胞膜の合成を阻害し、真菌の細胞膜を破壊することで殺菌します。

白癬を含む菌類は細胞膜で覆われており、それがなければ菌類は生存できません。細胞膜を作るには「エルゴステロール」という成分が必要で、エルゴステロールを作るには「スクアレンエポキシダーゼ」という酵素が必要です。

テルビナフィンはこの酵素を標的にしてその作用を妨害し、エルゴステロールの形成を防ぎます。エルゴステロールの形成を防ぎ、細胞膜に問題を引き起こし、抗真菌活性を示します。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの効果


ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) は、真菌に対して強力な抗菌効果があります。中でも「皮膚糸状菌」に分類される真菌に対して高い効果が期待できます。水虫の原因となる白癬は、この皮膚糸状菌に含まれており、水虫や爪真菌症に対して高い抗真菌効果があることが示されています。

白癬も水虫と同じ下腿白癬が原因で、股間部に症状が現れますが、テルビシップ(テルビナフィン)は下腿白癬にも効果があります。軟膏では治りにくい深部皮膚糸状菌や爪のカンジダ症にも効果があります。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの適応症状


  • 水虫、爪真菌症、脚部白癬でお悩みの方。
  • 爪カンジダ症、深部皮膚真菌症でお悩みの方

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの有効成分


有効成分はテルビナフィンです。

真菌細胞の酵素を選択的に阻害し、真菌の細胞膜を形成するために必要なエルゴステロールの量を減らし、真菌の活動を維持するために必要な細胞膜の形成をブロックすることにより、抗真菌活性を示します。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの含有量・内容量


1箱に7錠入っています。

当サイトでは250mgを取り扱っています。

製薬会社


  • シプラ

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの用法用量

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの使用方法


成人はテルビナフィンとして1日1回125mgを食後に服用します。なお、年齢・体調・症状により適宜増減されます。

海外では250mgを1回服用することもありますが、欧米人より小柄なアメリカ人は副作用が強い場合があります。 125mgから始めることをお勧めします。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの推奨用量


カビの根絶には半年から1年ほどかかります。特に、爪真菌症は粘り強く服用する必要があります。

症状が改善しても、除菌しきれずに潜んでいる菌が再び増殖することがありますので、気長に服用を続けてください。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの使用時の注意


テルビシップには飲みにくいお薬がたくさんありますので、常用されているお薬がある場合は、テルビシップ ジェネリックを服用する前に医師にご相談ください。

過度のアルコールは胃や肝臓に副作用を引き起こす可能性があるため、適度な量のアルコールを使用してください.

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの副作用

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの主な副作用


胃部不快感、下痢、腹痛、腹部膨満感、めまい、発疹、頭痛などの症状があらわれることがあります。体に異常を感じた場合は服用を中止し、医師にご相談ください。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgのまれな副作用


ごくまれに、皮膚や粘膜のただれ、唇や口のただれ、のどの痛み、手足のしびれ、全身倦怠感、横紋筋融解症、アナフィラキシーなどの重篤な副作用が生じることがあります。

服用後はこれらの初期症状に注意し、体に異常を感じた場合は直ちに使用を中止し、医師に相談してください。

さらに、重度の肝機能障害や血液障害のまれな報告があります。重度の肝機能障害や血液障害のある方は服用しないでください。投与開始前に肝機能検査と血液検査、投与開始後2か月間は月1回の肝機能検査を行うことをお勧めします。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの使用上の注意

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • 慢性疾患のある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人
  • 授乳中の方
  • 高齢者
  • 薬や食べ物などでアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 肝疾患のある人
  • 腎臓病の人

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mg使用上の注意


併用には注意が必要なお薬です。

  • シメチジンおよびフルコナゾール テルビシップ(テルビナフィン)と組み合わせて使用​​すると、テルビナフィンの血中濃度が過剰に上昇するリスクがあります。
  • リファンビシン テルビシップ(テルビナフィン)と併用すると、テルビナフィンの血中濃度が低下することがあります。
  • 三環系抗うつ薬テルビシップ(テルビナフィン)と併用すると、三環系抗うつ薬の有効成分の血中濃度が上昇することがあります。
  • テルビシップと併用すると、月経障害が起こることがあります。
  • シクロスポリン テルビシップ ジェネリックと併用した場合、シクロスポリンの血中濃度が低下することがあります。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • テルビナフィンに対する過敏症の病歴がある人
  • 重度の肝障害のある人
  • 汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少症などの血液疾患のある人

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの禁忌薬


特にない

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの保管方法と取り扱い上の注意

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温で保管してください。
    冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 小児の手の届かない場所に保管。誤って摂取する可能性を避けてください。

ラミシール・ジェネリック(テルビシップ) 250mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える場合があります。
  • 他の医薬品やサプリメントとの保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります

Brand

シプラ

内容量

150錠, 15錠

レビュー

レビューはまだありません。

“ラミシール・ジェネリック (テルビシップ) 250mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ