シプロックス 500mg

¥1850¥4700

商品名 シプロックス 500mg
有効成分 シプロフロキサシン
効果 細菌感染症治療
配達日数目安 7~14日
製造元 シプラ
商品コード: 該当なし カテゴリー:
Brand:シプラ

Available Options:

シプロックス 500mgの製品詳細

シプロックス 500mgの特徴


シプロックス 500mg はニューキノロン系抗生物質です。細菌は複製や増殖の過程でDNA合成を阻害するため、他の抗生物質よりも強い抗菌力を持ち、さまざまな細菌に効果があり、性感染症以外の感染症にも幅広く使用されています。

ペニシリンやセフェムアレルギーなどで抗生物質が使えない人にも使える安全な抗生物質で、服用後の病変への移行性が良いのも特徴です。

シプロックス 500mgの効果


シプロックスの有効成分であるシプロフロキサシンは、新しいキノロン系抗生物質です。

細菌は細胞分裂中に増殖しますが、DNA 複製に重要な酵素 DNA ジャイレースの作用をブロックします。

細菌の細胞分裂を抑えて死滅させます。抗酸菌は治療薬が限られているため、幅広い細菌に対する殺菌作用における抗酸菌の存在は非常に重要です。

シプロックス 500mgの適応症状


シプロックスは、次の症状を改善するニューキノロン系抗生物質です。

  • クラミジアや淋病などの性感染症にかかっている方
  • マイコプラズマ肺炎、レジオネラ肺炎でお困りの方
  • のどの痛み(のどの痛み)でお悩みの方
  • 急性気管支炎(突然のせき)でお悩みの方
  • 歯周病でお悩みの方
  • 呼吸器、耳鼻咽喉科などの諸症状で治療中の方

シプロックス 500mgの有効成分


シプロフロキサシンの有効成分はシプロフロキサシンです。

ニューキノロン系に分類される抗生物質です。

ニューキノロン類の中でも特に強い抗菌力を持っています。

細菌のDNA(遺伝情報物質)の複製に重要な酵素であるDNAジャイレースの働きを阻害します。

シプロックス 500mgの含有量・内容量


1箱70錠/30錠の内容により異なります。

シプロフロキサシン500mg/1錠70錠/500mg/1錠30錠の2種類があります。

製薬会社


  • シプラ

シプロックス 500mgの用法用量

シプロックス 500mgの使用方法


成人は、シプロフロキサシンとして1回100mg~200mgを1日2~3回服用します。

炭疽菌の場合、400 mg を 1 日 2 回経口投与します。

多量の水またはぬるま湯で服用してください。

なお、感染症の種類や症状により適宜増減されます。

シプロックス 500mgの推奨用量


性感染症の場合、1回200mgを1日2~3回服用します。

のどの痛みやその他の感染症には、100 mg を 1 日 2 ~ 3 回服用してください。

なお、年齢・症状により適宜増減されます。

シプロックス 500mgの使用時の注意


飲み忘れた場合 1日以内に飲み忘れに気づいた場合は、気がついた時点で1回分を服用してください。

次の服用時間が近い場合は、それまで待ってから1回分を服用し、2回分を一度に服用しないでください。

翌日以降、食後に服用してください。

症状がよくなったからといって、勝手に服用を中止せず、最後まで服用してください。

シプロックス 500mgの副作用

シプロックス 500mgの主な副作用


主な副作用には、下痢、食欲不振、発疹、吐き気、胃部不快感などがあります。

その場合は使用を中止し、体調の変化を観察してください。

低頻度の副作用ですが、呼吸困難、腹痛、血便、手足の筋肉痛、発熱、呼吸困難などがあります。

上記のような症状があらわれた場合は、体調の変化を確認の上、医師にご相談ください。

シプロックス 500mgのまれな副作用


ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、中毒性表皮壊死症などの症状が報告されています。

中毒性表皮壊死融解症は、高熱(38℃以上)、目の充血、唇のただれ、のどの痛み、広範囲の皮膚の発赤などを起こすことがあり、急激に悪化します。

この場合は、直ちに主治医に相談するか、内科・泌尿器科・専門外来の診断を受けてください。

シプロックス 500mgの使用上の注意

シプロックス 500mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • ニューキノロン系薬剤に対する過敏症の既往歴のある方
  • 重度の肝機能障害で治療中の方、重度の肝機能障害のある高齢者(65歳以上)
  • ショック症状のある方
  • てんかん発作などをお持ちの方。

シプロックス 500mg併用時の注意


シプロックス 500mgとの併用には注意が必要なお薬です。

  • テオフィリン、アミノフィリン水和物 テオフィリンの作用を増強することがあります。
  • カフェイン、デュロキセチン塩酸塩 これらの薬の血中濃度が上昇することがあります。
  • フェニルアセテート系非ステロイド性消炎鎮痛剤、ジクロフェナク、アムフェナクなどのプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤(ただし、皮膚外用剤以外のケトプロフェンとの併用は禁忌)、ロキソプロフェン、プラノプロフェン、ザルトプロフェン発生する。
  • シクロスポリンは、副作用として腎障害を相互に増強する可能性があります。
  • ワルファリン ワルファリンの作用が増強され、出血やプロトロンビン時間が延長されることがあります。
  • スルホニルウレア系血糖降下剤 スルホニルウレア系血糖降下剤の作用が亢進し、低血糖が起こることがある。過去に薬の使用により、かゆみ、かぶれ等のアレルギー症状を起こしたことがある場合は、この薬を服用する前に医師に相談してください。

シプロックス 500mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • シプロックス 500mgに含まれる成分に対して過敏反応を起こしたことがある方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中
  • 子供
  • 上記に該当する人は、本剤の使用により副作用が生じることがあります。強く現れることがあります。

シプロックス 500mgの禁忌薬


シプロックス 500mgと一緒に使用してはいけない薬がいくつかあります。

  • ケトプロフェン坐剤はけいれんを引き起こすことがあります。
  • チザニジン塩酸塩を含有する医薬品 血圧低下、傾眠、めまい等のおそれがあります。 ・メシル酸ロミタピドを含有する製剤 ロミタピドの代謝酵素を阻害するおそれがあります。

他の薬を使用している場合、または初めて使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

シプロックス 500mgの保管方法と取り扱い上の注意

シプロックス 500mgの保管方法


冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温(15~25℃)で保存してください。

  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。誤って摂取する可能性を避けてください。
  • 薬が残っている場合は、そのまま保管せずに廃棄してください。

シプロックス 500mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の薬品との保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります

Brand

シプラ

内容量

30錠, 60錠, 90錠

レビュー

レビューはまだありません。

“シプロックス 500mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ