ファロバクト 200mg

¥1150¥5300

商品名 ファロバクト
有効成分 ファロペネムナトリウム
効果 細菌感染症の治療、ニキビの改善
配達日数目安 7~14日
製造元 シプラ
商品コード: 該当なし カテゴリー:
Brand:シプラ

Available Options:

ファロバクト 200mgの製品詳細

ファロバクト 200mgの特徴


ファロバクトの有効成分はファロペネムナトリウムで、グラム陽性菌、グラム陰性菌、アクネ菌など幅広い菌に対して抗菌作用のある薬剤です。

ペニシリンとセファロスポリンの骨格を持ち、抗生物質のβ-ラクタム環が原因菌の細胞壁合成酵素(PBP)に直接結合し、細胞壁合成を阻害します。

殺菌作用がありますが、β-ラクタム環を分解する酵素があるため、抗生物質耐性菌が問題になります。

ファロバクトは耐性菌に対して安定して作用するため、持続的に効果を発揮します。

ファロバクト 200mgの効果


ファロバクトの有効成分であるファロペネム ナトリウムは、グラム陰性菌および嫌気性菌、主にさまざまな細菌種のグラム陽性菌に対して殺菌作用を示します。

ファロバクト 200mgの適応症状


ファロバクトは抗菌作用により次の症状を改善します。

  • 慢性膿皮症、化膿性炎症を伴うものもらい、尋常性ものもらい(尋常性ざ瘡)でお悩みの方
  • 肺炎、肺膿瘍、気管支炎などの呼吸器疾患をお持ちの方
  • 副鼻腔炎
  • 外耳炎
  • 中耳炎、扁桃炎などでお悩みの方。
  • 涙袋炎、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼膿瘍、角膜炎などでお悩みの方。

ファロバクト 200mgの有効成分


ファロバクトには有効成分ファロペネムナトリウムが含まれています。

ファロペネム ナトリウムは、感染症の治療に使用されるペネム系の成分であり、局部的な炎症を引き起こすニキビ、膿、レンサ球菌、レンサ球菌、肺炎で知られるアクネ菌を殺します。

ファロバクト 200mgの含有量・内容量


1箱6粒入りです。

各ファロバクト タブレットには、200 mg のファロペネム ナトリウムが含まれています。

製薬会社


  • シプラ

ファロバクト 200mgの用法用量

ファロバクト 200mgの使用方法


通常、成人は1回150〜300mgを1日3回服用します。

対象疾患、症状、年齢、体重等により適宜増減する必要があります。

ファロバクト 200mgの推奨用量


感染症など次の場合

(表在性皮膚感染症、深部皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ものもらい(にきび:化膿性炎症を伴う)、外傷・熱傷・手術創などの二次感染症、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、膀胱炎(単純性に限る)、バルトリン腺炎、子宮内感染症、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼腺炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、外耳炎、歯周炎、口周囲炎、顎炎)
成人 1 日 150 ~ 200 mg を 3 回服用します。

呼吸器およびその他の症状

(肺炎、肺膿瘍、膀胱炎(単純性を除く)、腎炎、前立腺炎(急性・慢性)、精巣上体炎(副鼻腔炎)、中耳炎、副鼻腔炎)炎症の場合)
成人は 200 ~ 300 mg を 1 日 3 回服用します。

ファロバクト 200mgの使用時の注意


飲み忘れた場合 1日以内に飲み忘れに気づいた場合は、気がついた時点で1回分を服用してください。

次の服用時間が近い場合は、その時まで待ってから1錠服用し、2回に分けて服用しないでください。

翌日以降、指定の時間に服用してください。

症状がよくなったからといって、勝手に服用を中止せず、最後まで服用してください。

ファロバクト 200mgの副作用

ファロバクト 200mgの主な副作用


主な副作用としては、下痢、腹痛、軟便、発疹などがあります。

まれな副作用として、AST の上昇、ALT の上昇、過敏症などがあります。

上記の症状があらわれた場合は、使用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

ファロバクト 200mgのまれな副作用


ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、中毒性表皮壊死症などの症状が報告されています。

中毒性表皮壊死融解症は、高熱(38℃以上)、目の充血、唇のただれ、のどの痛み、広範囲の皮膚の発赤などを起こすことがあり、急激に悪化します。

この場合は、直ちに主治医に相談するか、内科・泌尿器科・専門外来の診断を受けてください。

ファロバクト 200mgの使用上の注意

ファロバクト 200mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、使用に十分注意し、医師にご相談ください。

  • ファロバクトに対する過敏症の既往歴のある患者
  • 本人、両親、兄弟姉妹に気管支喘息、発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい患者
  • 重度の腎障害のある患者
  • 高齢者(65歳以上)
  • 経口摂取または非経口栄養が不十分な患者
  • 全身状態の悪い方
    他の薬を服用している場合、飲み込むことにより薬の効果が強まったり弱まったりするおそれがあります。

ファロバクト 200mg併用時の注意


併用注意事項とは、ファロバクトとの併用に注意が必要な医薬品です。

  • イミペネム、シラスタチンナトリウム ファロペネムナトリウムの血中濃度が動物実験で上昇することが報告されています。
  • フロセミド(ラシックス)の動物実験では、ファロペネムナトリウムの腎毒性が増強されることが報告されています。・バルプロ酸ナトリウム てんかん様発作の再発が報告されています。
  • 過去に薬の使用により、かゆみ、かぶれ等のアレルギー症状を起こしたことがある場合は、この薬を服用する前に医師に相談してください。

ファロバクト 200mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • ファロバクトに含まれる成分に対して過敏反応を起こしたことがある人 上記に該当する人は、本剤の使用により強い副作用があらわれることがあります。

ファロバクト 200mgの保管方法と取り扱い上の注意

ファロバクト 200mgの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温(15~25℃)で保管してください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。誤って摂取する可能性を避けてください。

ファロバクト 200mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の薬品との保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります

Brand

シプラ

内容量

30錠, 6錠

レビュー

レビューはまだありません。

“ファロバクト 200mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ