ゾビラックス 200mg

¥1850¥3500

商品名 ゾビラックス 200mg
有効成分 アシクロビル
効果 単純疱疹治療、帯状疱疹治療
配達日数目安 7~14日
製造元 グラクソ・スミスクライン
商品コード: 該当なし カテゴリー:

Available Options:

ゾビラックス 200mgの商品詳細

ゾビラックス 200mgの特徴


ゾビラックスは、英国グラクソ・スミスクライン・ファーマシューティカルズ社が開発したアシクロビルを有効成分とする抗ウイルス薬です。

口唇ヘルペスの一般治療薬として2007年から米国で販売されています。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染者と直接接触しなくても感染する可能性があります。

性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹でお悩みの方、再発時の予防薬としてもお勧めです。

ゾビラックス 200mgの効果


ゾビラックスに含まれる有効成分アシクロビルは、ヘルペスウイルスに効果のある薬として開発されました。

ウイルスの DNA 複製を阻害するため、子供の性器ヘルペス、子供の性器ヘルペスの再発、単純ヘルペス、および帯状疱疹の治療に使用されます。

ゾビラックス 200mgの作用時間


体内の血中濃度は服用後約1.3時間で最大となり、血中半減期は約2.5時間というデータがあります。

この血中半減期を考慮して、症状に応じて1日5回の服用理由が設定されています。

ゾビラックス 200mgの適応症状


ゾビラックスは、次の症状を改善するアシクロビルの抗ウイルス薬です。

  • 口唇ヘルペスの場合
  • 角膜ヘルペスに
  • 性器ヘルペスの場合
  • 水ぼうそうの場合

ゾビラックス 200mgの有効成分


ゾビラックスの有効成分はアシクロビルで、細胞内ウイルスの活性化と増殖を抑える働きがあります。

ウイルスが増殖できなくなり、症状の進行が止まります。抗ウイルス作用のある経口剤として、ヘルペスの治療によく使用されます。

ゾビラックス 200mgの含有量・内容量


内容により、1箱に25錠/50錠入っています。

ゾビラックス1錠あたり、アシクロビル200mg/400mg/800mgの3種類があります。

製薬会社


  • グラクソ・スミスクライン

ゾビラックス 200mgの用法用量

ゾビラックス 200mgの使用方法


性器ヘルペスの再発を抑えるために、成人は1回200mgを1日5回服用します。

単純ヘルペスの場合、成人は 1 回 200 mg を 1 日 5 回服用します。

帯状疱疹または水痘がある場合、成人は 1 回 800 mg を 1 日 5 回服用する必要があります。

なお、年齢・症状により適宜増減されます。

コップ一杯の水またはぬるま湯でお飲みください。

ゾビラックス 200mgの推奨用量


単純ヘルペスの場合、1 回 200 mg を 1 日 5 回服用します。

造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症の発症抑制に、造血幹細胞移植の7日前から造血幹細胞移植の35日後まで、1日5回、200mgを服用します。

帯状疱疹の場合、1回800mgを1日5回服用してください。

小児は体重1kgあたり20mgを1日4回服用してください。

性器ヘルペスの再発予防のため、体重40kg以上の小児は体重1kgあたり1回20mgを1日4回服用します。

ゾビラックス 200mgの使用時の注意


飲み忘れた場合 1日以内に飲み忘れに気づいた場合は、気がついた時点で1回分を服用してください。

次の服用時間が近い場合は、その時まで待ってから1錠服用し、2回に分けて服用しないでください。

翌日以降、指定の時間に服用してください。症状がよくなったからといって、勝手に服用を中止せず、最後まで服用してください。

セックスパートナーへの感染のリスクがあるため、コンドームの使用をお勧めします。

ゾビラックス 200mgの副作用

ゾビラックス 200mgの主な副作用


主な副作用としては、腹痛、下痢、貧血、顆粒球増多、白血球増多、好酸球増多などがあります。

低頻度の副作用ですが、肝機能検査値の異常、軟便、吐き気、嘔吐、胃痛などがあります。

上記のような症状があらわれた場合は、体調の変化を確認し、医師または薬剤師に相談してください。

ゾビラックス 200mg のまれな副作用


汎血球減少症、精神神経症状、ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、中毒性表皮壊死症などの症状が報告されています。

中毒性表皮壊死融解症は、高熱(38℃以上)、目の充血、唇のただれ、のどの痛み、広範囲の皮膚の発赤、症状が持続することがあります。急に悪くなる。

この場合は、直ちに主治医または内科・泌尿器科・専門外来にご相談ください。

ゾビラックス 200mgの使用上の注意

ゾビラックス 200mgの使用に注意する人


次の症状がある場合は、服用に十分注意し、医師に相談してください。

  • ゾビラックスに対する過敏症の病歴がある人
  • 腎障害や腎機能低下で治療中の方
  • 幼児、子供、高齢者(65歳以上)のいる方
  • 免疫系に異常のある方、治療中の方 車の運転など危険を伴う機械の操作をされている方は、意識障害を起こすことがありますので、医師または薬剤師にご相談ください。
  • 他の薬を服用している場合、一緒に服用すると薬の効果が強まったり弱まったりすることがあります。

ゾビラックス 200mg併用時の注意


ゾビラックスとの併用には注意が必要なお薬です。

  • プロベネシド・ゾビラックスの腎臓での排泄が抑えられ、作用が強くなり、副作用が出やすくなります。
  • シメチジン ゾビラックスの排泄を抑制し、バルトレックスの作用を強める可能性があります。
  • 組み合わせて使用​​すると、両方の薬の効果が増強されることがあります。
  • テオフィリン テオフィリンの血中濃度が上昇し、作用が強まることがあります。
  • 腎機能が低下している高齢者は特に注意が必要です。

ゾビラックス 200mgを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません

  • ゾビラックスに含まれる成分に対して過敏反応を起こしたことがある方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方 上記に該当する方は、本剤の使用により強い副作用があらわれることがあります。

ゾビラックス 200mgの保管方法と取り扱い上の注意

ゾビラックス 200mgの保管方法


冷蔵庫で保存する必要はなく、直射日光や高温多湿を避けて常温(15~25℃)で保存してください。

  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。誤って摂取する可能性を避けてください。
    壊れた錠剤はラップに包み、密閉できる容器に保管することをお勧めします。壊れた錠剤のコーティング
  • が剥がれているため、湿気がこもりやすくなり、錠剤が崩れることがあります。
  • 薬は湿気を帯びることがありますので、ピルケースに保管することをお勧めします。

ゾビラックス 200mgの取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の薬品との保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります
内容量

25錠, 50錠

レビュー

レビューはまだありません。

“ゾビラックス 200mg” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ