テンビルEM

¥4080¥10500

商品名 テンビルEM
有効成分 テノホビルジソプロキシルフマル、エムトリシタビン
効果 HIVウイルス、B型肝炎ウイルスの増殖抑制
配達日数目安 7~14日
製造元 シプラ
商品コード: 該当なし カテゴリー:
Brand:シプラ

Available Options:

テンビルEMの製品詳細

テンビルEMの特徴


テンビルEM (エイズ) とは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染して免疫力が低下することで起こる病気の総称です。

HIV 感染には、精液、おりもの、血液、母乳などの性感染症、血液感染、母子感染の 3 つの感染源があります。

エイズの治療法は、基本的に3~4種類の抗HIV薬を内服し、ウイルス量を減らして免疫力を回復させ、発症を抑える多剤併用療法です。

テンビルEM は、1 日 1 錠の服用で HIV 感染のリスクを防ぐことができる薬です。

テンビルEMの効果


テンビルEM の有効成分であるエムトリシタビンとテノホビル ジソプロキシル フマル酸塩は、DNA 鎖の伸長を阻止することにより、HIV-1 逆転写酵素の活性を阻害します。

テンビルEMの適応症状


テンビルEMは、HIV 感染の治療と予防に使用されます。

  • HIV-1感染症の治療を受けている人
  • 性行為によるHIV感染のリスクを防ぎたい人
  • 職場でHIVに感染している可能性がある人

テンビルEMの有効成分


テンビルEM は、エムトリシタビンとテノホビル ジソプロキシル フマル酸塩の組み合わせです。

HIV-1 逆転写酵素の活性を阻害し、感染性ウイルスの増殖を抑制し、他の抗 HIV 薬と組み合わせて HIV 感染症の治療に使用されます。

テンビルEMの含有量・内容量


1箱30錠入りです。各テノホビル EM 錠剤には、エムトリシタビン 200 mg / テノホビル ジソプロキシル フマル酸塩 300 mg (テノホビル ジソプロキシルとして 245 mg) が含まれています。

製薬会社


  • シプラ

テンビルEMの用法用量

テンビルEMの使用方法


HIV-1 感染症には、1 日 1 回 1 錠を服用してください。食後など決められた時間に服用してください。

HIV感染後に内服する場合は、耐性菌の発生を防ぐため、必ず複数の抗HIV薬と併用してください。

テンビル EM は、1 日 1 回 1 錠を服用してください。食後など決められた時間に服用してください。

テンビルEMの推奨用量


HIV-1 感染症 1 日 1 回 1 錠服用してください。単独で使用しないでください。他の抗HIV薬と組み合わせて使用​​してください。

HIV 感染のリスクを軽減するには、性交前に PrEP として 1 日 1 回 1 錠を服用してください。

オンデマンドPrEPとして、性交前(2~24時間前)2錠、性交24時間後1錠、翌日1錠の合計4錠を服用してください。

テンビルEMの使用時の注意


飲み忘れた場合 飲み忘れに気づいたときに1回1錠服用してください。一度に2回服用しないでください。

テンビル EM は B 型肝炎治療薬と同じ成分を含んでいるため、テンビル EM を服用すると、薬剤耐性の可能性があるため、HIV 感染者に効果がなくなる可能性があります。

HIVに感染しているか、他の感染症にかかっていないかを確認する必要があるため、医療機関で検査を受ける必要があります。セックスパートナーへの感染のリスクがあるため、コンドームの使用をお勧めします。

テンビルEMの副作用

テンビルEMの主な副作用


主な副作用には、頭痛、吐き気、色素沈着、疲労などがあります。

まれな副作用には、高脂血症、消化不良、便秘、胃炎、および胃腸障害が含まれます。

上記の症状があらわれた場合は、使用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

テンビルEM のまれな副作用


腎不全や重度の腎機能障害、膵炎、乳酸アシドーシスなどの症状が報告されています。

腎機能障害、腎不全、急性腎機能障害、近位腎尿細管機能障害、ファンコニー症候群、急性尿細管壊死、腎機能障害または腎炎などの重度の腎機能障害が発生する可能性があります。

この場合は、直ちに医師の診察を受けるか、内科・専門外来を受診してください。

テンビルEMの効果・副作用が強いと感じる方


テンビルEMを服用して効果や副作用が強く感じられる場合は、医師または内科・専門外来で診断を受けてください。

テンビルEMの使用上の注意

テンビルEMの使用に注意する人


次の症状がある場合は、使用に十分注意し、医師にご相談ください。

  • 他の抗HIV薬との多剤併用療法を受けている患者
  • テンビルEMに対する過敏症の既往歴のある患者
  • B型慢性肝炎患者
  • 高齢者(65歳以上)
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人

授乳中の方 他の薬を服用されている場合、一緒に服用することで薬の作用が強くなったり弱くなったりすることがあります。

テンビルEM を併用する場合の注意事項


併用注意事項 テンビルEMとの併用に注意が必要な医薬品です。

  • ジダノシン ジダノシンの副作用が増加する可能性があります。
  • 硫酸アタザナビル 硫酸アタザナビルの効果が弱くなることがあります。
  • ロピナビル および リトナビル テンビル EM の副作用が増加する可能性があります。
  • アシクロビル、バラシクロビル、ガンシクロビル、バルガンシクロビルなどのこれらの薬の副作用が増加する可能性があります。
  • ダルナビル、リトナビル、レディパスビル、およびソホスブビルテンビル EM の副作用が増加する可能性があります。

過去に薬の使用により、かゆみ、かぶれ等のアレルギー症状を起こしたことがある場合は、この薬を服用する前に医師に相談してください。

テンビルEMを服用してはいけない人


次の人は本剤を使用できません。

  • テンビルEMに含まれる成分に対して過敏反応を起こしたことがある人 上記に該当する人は、本剤の使用により強い副作用があらわれることがあります。

テンビルEMの保管方法と取り扱い上の注意

テンビルEMの保管方法


  • 直射日光、高温多湿を避け、常温(15~25℃)で保管してください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。誤って摂取する可能性を避けてください。

テンビルEM 取り扱い上の注意


  • 使用期限を過ぎた薬は服用しないでください。効果がなかったり、体に影響を与える可能性があります。
  • 他の薬品との保管はお控えください。成分の作用により、性質や形状が変化する場合があります。

配送/梱包

原産国

  • インド

到着予定時刻

7〜14日

  • 発送国の天候や発送国のベンダーの休日により、配達が遅れる場合があります。
  • 離島や離島など一部の地域では、配達が遅れる場合があります

Brand

シプラ

内容量

30錠, 60錠, 90錠

レビュー

レビューはまだありません。

“テンビルEM” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

お買い物カゴ